安心で使いやすい物を|ベビーベッドレンタルで子育てを楽にする|新ママ応援情報

ベビーベッドレンタルで子育てを楽にする|新ママ応援情報

安心で使いやすい物を

哺乳瓶

選ぶ基準

赤ちゃんが産まれる時に、揃えておきたいベビーグッズの一つとして、哺乳瓶があります。哺乳瓶は、赤ちゃんが栄養補給をするために大切な物で、口に入れるので安心で使いやすい物を選びたいと思います。また、外出時などもしもの時でも便利なので、完全母乳で育てたい方にとっても揃えておきたいベビーグッズです。赤ちゃんは哺乳瓶によって嫌がる事もあるので、選ぶ時は慎重に選びたい所です。哺乳瓶を選ぶ基準として大切な点は、本体のサイズや素材、乳首が挙げられます。サイズは哺乳瓶によって、様々あります。赤ちゃんがミルクを一回で飲みきれるサイズを選ぶと良いでしょう。産まれてすぐに使う場合は150ml前後で、生後3ヵ月頃から200ml以上を使うなど、成長に合わせて使うと赤ちゃんも飲みやすいと思います。また、白湯や果汁を飲むための小さいサイズも揃えておきたいです。

注意点する点は

赤ちゃんがきちんとミルクを飲んでくれるために注意する点は、乳首の素材と形にあります。素材や形によって、口に加えた時に、違和感を感じる赤ちゃんもいるからです。乳首の素材は、シリコンゴム、天然ゴム、イソプレンゴムの3種類あり、違いとして固さやゴム臭さが挙げられます。シリコンゴムは固いですが、無臭で劣化しにくいです。天然ゴムやイソプレンゴムは少しゴム臭さがありますが、母乳を飲んでいる時の感触に近く、赤ちゃんも親近感を抱きやすいと思います。産まれて間もない赤ちゃんの好みを見分けるのはとても難しいので、いくつか揃えておくと便利です。また、赤ちゃんが使う際に注意する点は、哺乳瓶の衛生面です。プラスチック製の本体は持ち運ぶ時に便利ですが、ガラス製だと洗浄しても劣化しずらく衛生面を保ちやすいです。用途に合わせて使う素材を変える事が大切です。